書籍・出版物

「中国の軍民融合動向と関連組織2016-2017」の発売について

株式会社産政総合研究機構(代表取締役:風間武彦)は、中国の軍民融合の現状と傾向などについて解説した書籍「中国の軍民融合動向と関連組織2016-2017」を発売しました。

 本書は、中国の軍民融合政策の変遷と関連組織、軍需産業の構造と軍民融合、大学・研究機関における軍民融合、人民解放軍の近代化、デュアルユース技術の開発動向、域外調達活動、武器等の輸出と拡散について包括的に解説したもので、国家安全保障や技術流出対策及び輸出管理などの政策研究・立案や貿易実務に携わる方々の参考書として取りまとめたものです。
第T部では、中国が国家戦略に引き上げた「軍民融合」の現状と傾向について解説し、第U部には、弊社が月2回発行している「中国産業動向調査レポート−軍民融合関連編−」の記事(2015年10月〜2017年6月分)をテーマ別に整理して掲載しています。更に第V部では、同記事に掲載された武器装備品の開発で注目される組織、軍事転用リスクの高いデュアルユース品の開発で注目される組織、拡散リスクのある組織を整理して掲載しています。

<目次>

第T部 軍民融合の現状と傾向分析
第1章 軍民融合政策の変遷と関連組織
第2章 軍需産業の構造と軍民融合
第3章 大学・研究機関における軍民融合
第4章 人民解放軍の近代化
第5章 デュアルユース技術の開発
第6章 域外調達活動
第7章 武器等の輸出と拡散

第U部 テーマ別軍民融合関連記事(2015年10月〜2017年6月分)
第1章 軍民融合政策関連動向
第2章 人民解放軍の近代化動向
第3章 デュアルユース技術開発動向
第4章 域外調達活動の動向
第5章 武器輸出・拡散動向
第6章 その他

第V部 軍民融合関連組織リスト
第1章 武器装備品の開発で注目される組織等
第2章 軍事転用リスクの高いデュアルユース品の開発で注目される組織等
第3章 拡散リスクのある組織等

〇付録
本書(一部を除く)の電子ファイルを収録したCD-ROM(個別のパスワードでロック予定)

〇価格
・CISTEC賛助会員及び「中国産業動向調査レポート」購読者:54,000円(消費税込み)
・上記以外の法人・大学・官公庁など:108,000円(消費税込み)
・個人:108,000円(消費税込み)

〇ご予約・ご購入申込方法
株式会社産政総合研究機構ホームページの「お問い合わせ」フォーム(http://www.sroc.co.jp/inquiry.html)或いは電子メール(info-kz@sroc.co.jp宛)にてお申し込みください。書店等では販売しておりませんのでご注意ください。

〇お支払い方法
・CISTEC賛助会員及び「中国産業動向調査レポート−軍民融合関連編−」購読者:請求書払い
・上記以外の法人(従業員10名以上)・大学・官公庁など:請求書払い
・個人・個人事業者・法人(従業員10名未満):弊社指定口座に振込(前払い)或いは代引
※振込手数料或いは代引き手数料はご購入者様でご負担ください。