自主輸出管理

安全保障貿易管理の情報分析 
(書籍整理番号F01-03)

発 行 元
財団法人安全保障貿易情報センター
著者
CISTEC輸出管理アドバイザー 
森本 正崇
発売日
平成20年10月
販売価格
賛助会員/大学会員 1,050円(消費税込)
一 般   1,550円(消費税込)


 
◆何が「不審な輸出」で、 どうすれば危険に巻き込まれないか?


<特徴>

企業のリスク管理の一つに、日本や世界の安全保障に悪影響を与えるような「不審な輸出」に巻き込まれないことに対する予知があります。本書は、不審な輸出とは何か、どうすればそのような取引を回避できるか等について書かれています。

―『安全保障貿易管理の話』、『安全保障貿易管理の周辺』とともに、併せてお読みいただければと思います―


<対象>

産業界全ての方
取引審査、顧客審査、海外営業の各担当者向け
*新人教育や社内教育にもご活用下さい。

<目次>

第1章 安全保障貿易管理と情報分析  
 1 国際情勢に対応した安全保障貿易管理の変遷  
 2 安全保障貿易管理における情報の重要性  
 3 情報に関する基礎知識
第2章 情報分析の方法
 1 情報分析が必要な二つの局面  
 2 一般情勢の分析  
 3 個別取引における情報分析(サンプル
   (1) 顧客審査
   (2) 用途確認
第3章 情報分析を安全保障貿易管理に活かすために
 1 情報プロセスの制度化   
   (1) 収集・分析・判断の過程   
   (2) 記録・データの保存  
 2 報告制度  
 3 貨物・技術に関する情報の充実