研修用DVD

(整理番号 017)
輸出管理総合セミナー<輸出管理の最新事情/輸出管理の基礎/該非判定/取引審査/監査/米国法対応>2016年度版」 (2016年11月開催分)

発行元::一般財団法人安全保障貿易情報センター 発行年月: 平成29年1月
販売価格: 賛助会員:16,200円(税込) 一般・大学(大学会員を含む):27,000円(税込)

御試聴はこちら(冒頭5分)
 第1時限 安全保障輸出管理の最新事情
 第2時限 安全保障輸出管理と該非判定の基礎
 第3時限  該非判定の演習と解説
 第4時限  キャッチオール規制/取引審査/監査/EAR対応

ご購入はこちらをクリック


このセミナーは、安全保障貿易管理研修会「輸出管理総合セミナー<輸出管理の最新事情/輸出管理の基礎/該非判定/取引審査/監査/米国法対応>」を長野県松本市にて開催した模様を録画したものです。
日本から輸出されるハイテク製品や技術が大量破壊兵器の開発や製造、テロ行為といったことに使われることがないよう、外為法に基づいた輸出管理を実施するための体制整備は、重要かつ喫緊の課題であります。そこで本セミナーでは、最新動向を含む輸出管理の全体像、規制構造や規制理由、基本的な規制項番の探し方や、法令集や対比表の使い方、貨物の該非判定、役務の該非判定等、取引審査や監査のコツ、そして米国再輸出規制への対応まで、基礎から応用に渡ってわかりやすく解説いたします。

研修内容:
第1時限 安全保障輸出管理の最新事情(30分) 
CISTEC 専務理事 押田 努 講師
【目次】
1. 安全保障輸出管理が重視される背景 
2. 北朝鮮への懸念と関連の動き 
3. 中国への懸念と関連の動き 
4. 政府当局の動きと問題意識

第2時限 安全保障輸出管理と該非判定の基礎(90分)
CISTEC 情報サービス・研修部 副主任研究員 小野純子 講師
【目次】
第1章 何がどのような仕組みによって規制されるのか
第2章 法令構造とリスト規制品目を知る
第3章 リスト規制とキャッチオール規制
第4章 法令の読み方
第5章 該非判定実務

第3時限 該非判定の演習と解説 (105分)
CISTEC 調査研究部 主任研究員 国府 望 講師
【目次】
1.該非判定の位置付け 〜 本時限の目標
2.該非判定ツールについて
3.該非判定の例題解説
  輸出令別表第1  貨物の例題解説
  外為令別表  該当貨物に係る技術の例題解説
4.演習問題

第4時限 キャッチオール規制/取引審査/監査/EAR対応(90分)
CISTEC 参与 新留 二郎 講師
【目次】
・キャッチオール規制
・キャッチオール規制の判断フロー
・キャッチオール規制の対象外の取引
・客観要件・インフォーム要件
・通常兵器キャッチオール規制
・取引審査
・輸出管理監査
・米国輸出管理規則(EAR)対応

 ※会社名、部署名、役職は開催時点のものです。