研修用DVD

(整理番号 009)
秋期:輸出管理基礎コース (2016年10月開催分)

発行元::一般財団法人安全保障貿易情報センター 発行年月: 平成28年12月
販売価格: 賛助会員:16,200円(税込) 一般・大学(大学会員を含む):27,000円(税込)

御試聴はこちら(冒頭5分)
  第1時限 輸出管理の枠組みと法制度―国際レジームと外為法―
  第2時限 該非判定の基礎        
  第3時限 取引審査の基礎

ご購入はこちらをクリック


本研修会は、輸出管理入門のスタンダードコースであり、本年度のコースでも最新の法令改正に対応した内容に改変し、また最新情報も盛り込み内容を充実させました。安全保障輸出管理の全体像を学んでいただくのに最適のカリキュラムとなっており、特に輸出管理初心者の方や、社内で教育をご担当されていらっしゃる方、営業ご担当の方等にお奨めでございます。

す。

研修内容:
第1時限目 輸出管理の枠組みと制度―国際レジームと外為法―(120分)
CISTEC調査研究部主任研究員 稲村 國康 講師
【目次】
1.なぜ輸出管理を行う必要があるのか
2.安全保障輸出管理の枠組み
3.貨物の輸出・技術の提供
4.リスト規制・キャッチオール規制
5.コンプライアンスの確保

第2時限 該非判定の基礎(90分)
CISTEC調査研究部 主任研究員 幾田 旬 講師
【目次】
1.講義の範囲
2.リスト規制と関連法令
3.法令を読み解くコツ
4.該非判定と日常業務
5.特定・優先・例外・除外
6.該非判定支援ツールなど

第3時限 取引審査の基礎(90分)
CISTEC 情報サービス・研修部 副主任研究員 小野 純子 講師
【目次】
1.取引審査とは何か
2.取引審査の目的
3.″取引≠ニは何か
4.審査部門の役割
5.輸出管理全体における取引審査の位置づけ
6.取引審査の実務
 6-1 フロー
 6-2. 濃淡管理と注意点
 6-3. 取引審査票の項目
 6-4. 用途・需要者チェック/明らかガイドラインチェック
 6-5. 米国法対応
 6-6. 不正輸出等防止策
 6-7. 取引契約発行条件
 6-8. 取引の最終判断
 6-9. 取引審査時の注意点
 6-10. 取引審査の落とし穴
7.事例でみる取引審査

 ※会社名、部署名、役職は開催時点のものです。